【カスタムメイド3D2】HTCVIVE、VIVE Pro装着状態でVRモードを楽に起動する方法【カスタムオーダーメイド3D2】

f:id:hkr-2486:20180308225302p:plain

親切なコメントを頂き、実証出来たので大幅な記事改定を行いました。
赤字が改定、追記部分です。

VIVEヘッドセット装着前

  1. 「Steamクライアント」起動
  2. 「ライブラリ」タブを選択
  3. 左下の「+ ゲームを追加」をクリック
  4. 「非Steamゲームを追加」をクリック
  5. 出てきたウィンドウの「参照」をクリック
  6. カスタムメイド3D2をインストールしたフォルダ内の「CM3D2x64.exe」を選択
  7. 「選択したプログラムを追加」をクリック
  8. ライブラリへ追加された「CM3D2x64.exe」を右クリック
  9. 「VR ライブラリ内へ含む」にチェック入れる
  10. プロパティの「起動オプションを設定」をクリック
  11. "/VR"を記入してOKをクリック
  12. 下記画像の様になっていれば成功

    f:id:hkr-2486:20171231153013j:plain

  13. SteamVR起動後、設定を開く
  14. 一般タブの「SteamVR Home ベータ」にチェックを入れて、設定を閉じる

    f:id:hkr-2486:20171231154938j:plain

VIVEヘッドセット装着

起動方法を2種類紹介します。ここからはVIVEコントローラーで操作を行います。

SteamVR Homeより起動(推奨)

  1. 「CM3D2x64」を選択(※表示は汎用アイコンです)
  2. 起動を選択
  3. ゲーム起動後自由に楽しむ

SteamVR Big Pictureより起動

  1. システムボタンで「ダッシュボード」を開く
  2. 「Steam」を選択
  3. 「ライブラリ」を選択
  4. 「ゲーム」または「VR」タブを選択
  5. 「CM3D2x64」を選択
  6. 「VRでプレイ」を選択
  7. ゲーム起動後自由に楽しむ

注意点

  • 通常の起動で出てくる一番最初の画面(ランチャー)はスキップされる
  • しばりす等を入れてるとそっちのウィンドウが前面に出てきてVRのコントローラーが効かないので、CM3D2を前面に出してあげる必要がある

頂いたコメントより引用

カスタムオーダーメイド3D2の場合

f:id:hkr-2486:20180409134713j:plain

COM3D2x64.exeを同じ要領で登録すると同じ様に遊べます。

Copyright ©実況者ひかりのブログ All rights reserved.