【カスタムメイド3D2】HTCVIVE、VIVE Pro装着状態でVRモードを楽に起動する方法【カスタムオーダーメイド3D2】

f:id:hkr-2486:20180308225302p:plain

親切なコメントを頂き、実証出来たので大幅な記事改定を行いました。
赤字が改定、追記部分です。

 

VIVEヘッドセット装着前

  1. 「Steamクライアント」起動
  2. 「ライブラリ」タブを選択
  3. 左下の「+ ゲームを追加」をクリック
  4. 「非Steamゲームを追加」をクリック
  5. 出てきたウィンドウの「参照」をクリック
  6. カスタムメイド3D2をインストールしたフォルダ内の「CM3D2x64.exe」を選択
  7. 「選択したプログラムを追加」をクリック
  8. ライブラリへ追加された「CM3D2x64.exe」を右クリック
  9. 「VR ライブラリ内へ含む」にチェック入れる
  10. プロパティの「起動オプションを設定」をクリック
  11. "/VR"を記入してOKをクリック
  12. 下記画像の様になっていれば成功

    f:id:hkr-2486:20180713223433j:plain

  13. SteamVR起動後、設定を開く
  14. 一般タブの「SteamVR Home ベータ」にチェックを入れて、設定を閉じる

    f:id:hkr-2486:20180713223447j:plain

 

VIVEヘッドセット装着

起動方法を2種類紹介します。ここからはVIVEコントローラーで操作を行います。

SteamVR Homeより起動(推奨)

  1. 「CM3D2x64」を選択(※表示は汎用アイコンです)
  2. 起動を選択
  3. ゲーム起動後自由に楽しむ

※注意※

部屋を変更すると『最近プレイしたゲーム一覧』の表示が無くなる。
背景は変更しても問題ない。

SteamVR Big Pictureより起動

  1. システムボタンで「ダッシュボード」を開く
  2. 「Steam」を選択
  3. 「ライブラリ」を選択
  4. 「ゲーム」または「VR」タブを選択
  5. 「CM3D2x64」を選択
  6. 「VRでプレイ」を選択
  7. ゲーム起動後自由に楽しむ

注意点

通常の起動で出てくる一番最初の画面(ランチャー)はスキップされる

しばりす等を入れてるとそっちのウィンドウが前面に出てきてVRのコントローラーが効かないので、CM3D2を前面に出してあげる必要がある

頂いたコメントより引用

 

カスタムオーダーメイド3D2の場合

f:id:hkr-2486:20180713223459j:plain

COM3D2x64.exeを同じ要領で登録すると同じ様に遊べます。

 

 

カスタムオーダーメイド3D2

カスタムオーダーメイド3D2

カスタムメイド3D2 スターターパック

カスタムメイド3D2 スターターパック

Copyright ©実況者ひかりのブログ All rights reserved.