高城剛 黒本 LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 感想

白本が面白かったので黒本も比較的サクサク読めた印象がある。
これは確かに出版社が出したがらないのも納得出来た。
4年前の本とは思えないくらいなるほどと思える内容であった。
しっくりきた、なるほどなと思った部分を簡潔に紹介します。 

  • テレビは1%の人が99%の人を騙すための装置
  • テレビが変わらなければ日本は変わらない
  • 大事なのは得ることより捨てること
  • マスコミが間接的に暴力団に味方している
  • NHKの番組の多くはは民法(日テレ、TBS)が制作している
    →マジで!?
  • クールの正しい意味は共感する
    →誤解してました。
  • モテる人の共通点は同性にモテる事
  • 今の仕事が楽しめないなら準備をした後どこかでやめるべき
  • 自分にとって大切な事は何か、自信と対話しよう
  • 分散投資は全ての価値観が変わっても平気なように食物を確保できる田舎の土地がいい
  • 海外入国の賄賂対策は「領収書くれるなら100ドル払うよ」「IDのコピーを添付してくれるなら1000ドル払うよ」が有効

クールジャパンにも触れていたが俺的にはフールジャップって感じかな。

黒本

黒本

もう1冊紹介したい本があります。
LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵です。 
世界中を飛び回るこの人の必需品ってなんだろうって思ったので読んでみた。
世界中から良いものをかき集めてうまく利用してるのが伝わってきた。
賃貸アパート暮らしの社畜の俺にも学べる部分は勿論あった。
防犯対策に財布でなく、お茶などの袋が有効。
胃腸不良に白湯1リットル飲んで胃袋を温め、休ませるとよいなどです。 

俺も断捨離を実行して7年前に一人暮らしを始めた時に比べれば物は減ったが最近また増えてしまってるので正直減らしたい。
旅行、ノマド生活の予定はないけどね。 

Copyright ©実況者ひかりのブログ All rights reserved.