実況者ひかりのブログ

CM3D2・COM3D2の情報と感想を発信中。

【純正品】HTC VIVE Pro用 PUレザー フェイスクッション(2個入り) 簡易レビュー

f:id:hkr-2486:20190512194232j:plain

買った理由は純正フェイスクッションの予備品が欲しかったから。
結論から言うと買って良かった。
これを選んだ理由は純正フェイスクッションセットやフェイスクッション(Sサイズ)は違うと思ったから。
純正フェイスクッション(Lサイズ)単品があればそれでも構わない。
以前T&B HTC Vive PRO用 革材 フェイスクッション 12mmを購入したがしっくりこなかったのでやっぱり純正品が1番だ。

BeatSaberを2,3時間本気で遊んだがエアコンの除湿運転をしながらだとヘッドセット内が結露する事無く快適に遊べた。
ただし真夏になったらどうなるか分からない。

佐川急便からダンボールに入って発送されたがこれならエアキャップ入りの封筒にしてポスト投函でも良いのでは?

 

袋の外観

f:id:hkr-2486:20190512194208j:plain

f:id:hkr-2486:20190512194215j:plain

レビューするかハッキリしなかった為、開封後の状態です。
チャックを跨ぐようにシールが貼られてるので論外レベルで開封しづらかった。
今回は未使用だがシールを剥がすのにディゾルビットの様なオレンジオイルの入ったシールはがしを使ってもいいかも。
お世辞にもフェイスクッションの出し入れもしやすいとは言えず、台紙の作りにも疑問を感じた。
記録を残しておらず、出し入れの仕方もあやふやなので開封前の写真撮影を強く推奨します。

 

フェイスクッション外観

【表側】

f:id:hkr-2486:20190512194221j:plain

革だからツルツルで肌触りが良く、使い込んでも肌触りの変化が少ないと思う。

 

【裏側】

f:id:hkr-2486:20190512194225j:plain

突起が無いのでヘッドセットへの取付に多少工夫が必要。

 

純正フェイスクッション(Lサイズ)との比較

f:id:hkr-2486:20190512194236j:plain

突起があると毎回確実に同じ位置へ取付出来るからあった方が良かった。

 

f:id:hkr-2486:20190512200954j:plain

両方をただ重ねてみたがこれで大丈夫か疑問なのでは?

 

ヘッドセットへ取付

f:id:hkr-2486:20190512201026j:plain

レザークッションを横半分に折ったら、折り目を突起の挿入口辺りに付けて後は適当にそれっぽく位置を合わせれば良い。

 

f:id:hkr-2486:20190512201014j:plain

レザークッション取付完了。

 

f:id:hkr-2486:20190512202615j:plain

フェイスクッション(Lサイズ)と比べてもそんなに違和感無いと思う。

 

使用後の感想と手入れ

【感想】

使った感想は最初に述べた通りだが結露対策とヘッドセットの装着をきちんとすればBeatSaberの様な思いっきり汗をかくゲームでも大きなストレス無く遊べた
違和感が生じたら調節ダイヤルとヘッドセットストラップで締め付けを調整すれば大丈夫。

 

【手入れ】

アルコール入りのウェットティッシュで表側を拭くだけで済むから簡単だ。
汗をほとんど吸わず濡れにくい為、乾かす手間が要らないのも魅力。
レザークッションを外してヘッドセット本体に汗を含め水滴があれば適当な布で吸い取るかエアダスターで飛ばすといいだろう。

フェイスクッション(Lサイズ)の時はハンカチで汗を吸い取ってアルコール除菌スプレーを吹き付けていたからね。

 

購入先

【HTC公式】

VIVE 用のアクセサリー | HTC Vive カート

 

【Amazon】

商品名とメーカーを見る限りAmazonでも扱っているらしいがHTC公式サイトから購入すれば間違いなし。

Copyright ©実況者ひかりのブログ All rights reserved.