尾原 和啓 モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 感想

本書は嫌いな仕事を無理に続ける為の本ではない。
好きな事を仕事にして働き続ける為のヒントが記された本である。
内容をある程度まとめつつ感想を記します。

感想

  • シリコンバレーは残業ゼロ、週休3日、就業後電話に一切でない。
    代わりに休日はユーザーの観察をする。「ルーチンワーク」から「消費者の潜在的な欲求を発見し、提案する」へ変化してる。
    →シリコンバレーは生産性が極めて高いですね。多くの日本企業もこうなって欲しいです。
  • どんな人にも「この為に生きてるな」と思えるほど好きなものが存在する。
    それを実感を出来る時が元気になる時。
    →うん、好きな事やってるとめっちゃ元気出る。社畜の時は真逆。
  • 誰もやりたがらない事を率先していざとなれば地味な作業もこなす。
    信頼あってこそ好きな事、得意な事に専念出来る。
    →そうすればもっと自分の価値が高くなりますね。
  • 自分の「好き」がない人間は価値を生み出しにくくなる。
    いかに自分の「好き」を見つけ、人生の幸せへと結びつけていくか。
    →好きは見つかってるし、突っ走ってる最中なのできっと幸せに結びつくと信じたい。
  • 最強チームは「ゴレンジャー」(戦隊ヒーロー)
    →色んな個性が集るとどんな状況にも対応出来て無敵って事でしょ。
  • ストレングスファインダーやm-gramで自分の強みや性格を把握しよう
    →関連記事:
    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0 感想 

    m-gram精密性格分析に基づいた相性の良い相手の存在確率

    【無料】リクナビNEXT グッドポイント診断の結果と感想 

  • 「好き」のエッジが利いてくるほど、必ず気の合う仲間を呼び込む。
    →仲間はいないかもしれないがファンや応援者は確実に増えてる。
  • 印になるアイテムを身につけて仲間を呼び込め。
    →動画やイベント会場で下記のTシャツを着てます。
    「これが俺のトレードマークだ!」

    カスタムメイド3D2 オリジナル嫁イドフルグラフィックTシャツ 制作まとめ

    f:id:hkr-2486:20180131225946p:plain

  • 「おたがいさま」と言えるようなおおらかさがないと行き詰まる。
    →うん、意識しよう。
  • 生きがい(Ikigai)とは「大好きなこと」「世界が必要としてること」「稼げること」「得意なこと」の4つの点が交わるところ
    ※”あなたが”など一部端折りました
    →Ikigaiって英訳無いんですね。
    4つ全てを交差させるのは至難の技かもしれないがやるしかないね。
  • 人は自分が出来ないこと”有る事が難しい”ことにありがたみを感じる。
    →有難うとは読んで字のごとくですね。
  • 世界と言っても全世界でなく自分のコミュニティサイズでいい
    →それなら無理せずやれそうだね。
  • 孤独こそが「生きがい」を確固たるものへ鍛える。信じて貫いた先に「本当の仲間」と出会える。
    →常日頃から好きな事で築き上げる人脈こそ大切にしたいと思ってます。
    社畜での人脈なんざクソ食らえです。
  • どんなピンチもチャンスに変わる素晴らしい世界
    →逆境に追い込まれた時、新しい力に目覚める的な展開は経験ある。

まとめ

  • 何かに没頭する
  • 好きな事をアウトプットし続ける
  • トレードマークを身に付ける
  • 本当の仲間が出来る
  • 人生、未来が変わる
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

Copyright ©実況者ひかりのブログ All rights reserved.