実況者ひかりのブログ

2017年4月28日再開、カスタムオーダーメイド3D2、カスタムメイド3D2、HTC VIVE、雑記

HTC VIVE、Oculus Riftヘッドセット装着状態でカスタムメイド3D2VRをなるべく楽に起動する方法

これがしたい理由

VIVEヘッドセット装着時でも他のVRアプリからすんなり切り替えてダンスだけ見てーとか思ったから。

ホップステップシング!のダンスを見た後とか特にそう思うよ。

方法

VRHMD装着前

Steamクライアントのライブラリへ登録

「Steamクライアント」起動

「ライブラリ」タブを選択しておいた方が便利かも

左下の「+ ゲームを追加」をクリック

「非Steamゲームを追加」をクリック

出てきたウィンドウの「参照」をクリック

カスタムメイド3D2をインストールしたフォルダ内の「CM3D2.exe」を選択

「選択したプログラムを追加」をクリック

下記画像の様になっていれば成功

f:id:hkr-2486:20170824003904j:plain

参考

これはどっちでもいいがやった方が便利

ライブラリへ追加された状態で「CM3D2」を右クリック

「プロパティ」をクリック

「VR ライブラリ内へ含む」にチェック入れる

下記画像の様になっていれば成功

f:id:hkr-2486:20170824003921j:plain

(おまけ)VRHMD装着状態でもライブラリのプロパティから同様の操作が可能

VRHMD装着

VRHMD装着状態でカスタムメイド3D2VRを起動

※操作方法は唯一所持してるVIVEで説明します。

システムボタンで「ダッシュボード」を開く

「Steam」を選択

「ライブラリ」を選択

「CM3D2」を選択

VIVEコントローラーシステムボタン、「Desktop」を選択

VIVEコントローラーでカスタムメイド3D2ランチャーの「VR起動」にチェック入れる(選択はトリガーを引く)

「スタート」を選択

待ってカスタムメイド3D2VR起動確認したら後は好きな事楽しもう

参考

カスタムメイド3D2VRのバッチファイルのショートカットをデスクトップ上に置いといて直接選択もあり

ファイルの場所は「CM3D2フォルダ」内の「CM3D2x64_VR.bat」と言う名前です

SteamVRのダッシュボードを開く

「Desktop」状態でカーソルを「CM3D2x64_VR.bat」に移動

タッチパッドを押してメニューを開く(マウスの右クリックと同じ)

「開く(O)」を選択で起動する

注意点はプレイ中にコマンドプロンプトが出続ける事のみです

バッチファイルって何?という方はググってね

まとめ

「SteamVRHomeベータ」マイルームのショートカットから1発で楽に起動と言う方法は見つけられなかった。

何かありましたらコメント下さい、改定します。