実況者ひかりのブログ

KISS:カスタムメイドシリーズ、HTC VIVE、雑記

VIVE Proが発表されたので簡単に感想や考察を述べる

f:id:hkr-2486:20180109215937p:plain

公式サイトや情報サイトをざっと見て思った事書いてく。

 HTC公式サイト

www.vive.com

国内VR情報サイト

panora.tokyo

www.moguravr.com

感想・考察

VIVEヘッドセットとデラックスオーディオストラップが標準で合体済みなデザインは競合品に追いついたって感じかな。それでもって各種性能面も向上されているようだ。

どれくらい良くなったかはカタログスペックだけで評価は出来ず、試してみないと分からない。

 

VIVE無線化キットがHTC公式から発表されたのが1番嬉しい。

 

で、TPCASTどうなるの?って思ったがVIVE Pro、VIVE ワイヤレスアダプターがいつでるか分からない以上、無線化を急ぐのであればTPCASTは繋ぎとして利用価値はあるのだろう。予約した以上1個は買っておこう。

 

現VIVEを2個持ってる以上、VIVE Proが手に入ったら新旧両方持ってても仕方ないし、現在のVIVEは売ればいいですかね。でないと物の管理が大変だ。

 

ルームスケールの最大範囲が広くなるようだが俺の現在の狭い部屋に限定すれば無関係だな。これは広い部屋を持った一般利用者や商業施設に大きな恩恵がありそうだ。

とにかくルームスケールVRの精度が更に高くなるのはいいことだ。

 

唯一残念だと思ったのはコントローラーだ。現在はマジックハンドっぽい作りだがProにおいてもそこが変わってなかった。Oculus Touchの様な手の平感をVIVEでも味わえれば文句無しにVIVE最強なんだよね。

 

ナックルズが実用されればVIVE最強だと思うんだ。

solution.esi.co.jp

ナックルズが無理でももっと手の平感を味わえるコントローラーが出てほしいと強く願う。

 

あと地味に気になるのが矯正メガネとの併用はどうなるか?

現VIVEはある程度メガネを考慮した作りになっているのも長所である。

俺は手術をして裸眼でプレイ出来るようにしたから無関係だけどね。

 

関連記事:脱・矯正眼鏡で快適なVR生活の為に屈折矯正手術ReLEx Smile(リレックススマイル)に挑戦!

 

VR体験において没入感の妨げとなる最大の原因はケーブルなんだよね。

 

VIVEのヘビーユーザーとして動画を数多くYouTubeに投稿してるので断言出来る!!

公式に純正品で無線化を発表したのはVIVEだけなのでそこは高評価ですよ。

しかしOculus RiftもTPCASTで無線化対応予定なので評価は分かれそうですね。

 

それにしてもTPCASTより

VIVE ワイヤレスアダプターの方がスマートに見えますね。

 

って訳でVRデバイスを複数所持するのは面倒なのでこれからもVIVE一筋で行きますね。