実況者ひかりのブログ

KISS:カスタムメイドシリーズ、HTC VIVE、雑記

HTC VIVE VRの没入感と汗、結露対策の両立を追求してみた

f:id:hkr-2486:20171224165844j:plain

2017/12/24更新

AudioShieldを本気で遊んだ時に編み出したので自信持っておすすめしたい。

ただしプレイ後の手入れも必要な事に変わりはない。

対策紹介

矯正メガネを掛けない

後述する品物と干渉しそうだからです。

視力が悪い時の対策

予算と時間に応じてどれかを選択しましょう。

  • コンタクトレンズ
  • オルソケラトロジー
  • リレックススマイル
  • フェイキックIOL
関連記事

hkr-2486.hatenablog.jp

ヘルメットインナーを被る

f:id:hkr-2486:20171224155359j:plain

 簡単に頭部の汗対策が可能で低価格、手入れが簡単なのも魅力。

 

参考:PSVRマスク

レビューを読んでみたが購入に踏み切れなかった。 

理由は被る、外す、手入れの全部が面倒くさそうで鼻を塞がれるのも嫌だから。

ヘッドセットのフェイスクッションを貼替え式防水タイプに変更

f:id:hkr-2486:20171224160033j:plain
f:id:hkr-2486:20171224160035j:plain

左:交換前、右:交換後

使用品

既存のフェイスクッションを剥がして使用。

貼り付けが簡単で使用後の手入れも簡単なのが魅力。

難点は価格と矯正メガネと干渉しそうであること。

関連記事:使用品詳細

hkr-2486.hatenablog.jp

参考:フェイスクッションの汗による劣化
f:id:hkr-2486:20171130203529j:plain
f:id:hkr-2486:20171130203531j:plain

写真2枚とも手前が酷く、奥が綺麗になるように並べた。

汗を吸いすぎるとフェイスクッションが変色を起こす。

装着した時も新品に比べて劣化した物はクッションのへこみも大きい。

大きいフレームの眼鏡を使うことで汗とは違う劣化の仕方をするので注意。

ヘビーユーザーにとっては消耗品と割り切り定期的に交換が必要となる。

しかし頻繁に交換するのも馬鹿らしいのが正直な感想だ。

ノーズレストを外す

f:id:hkr-2486:20171224160447j:plain

先述したVRカバーへ交換してノーズレストも付けたままだと使用開始時に高確率で結露する為です。外しても結露発生は防げないが解消が早くなり、プレイ中の結露発生もしにくくなる。没入感は多少下がるが誤差の範囲でしかない。

デラックスオーディオストラップへ変更 

デラックスオーディオストラップを使うと標準ストラップに戻れなくなる。

装着、脱着のしやすさ、早さが飛躍的に向上します。

サラウンドシステムにdolby atmos for headphonesを導入すると音質も良くなり、音廻りの没入感が増します。

デラックスオーディオストラップのヘッドホンにmimimamo スーパーストレッチカバーMサイズを装着

f:id:hkr-2486:20171224161938j:plain

取り付けたら耳の肌触りも良くなるし、汗を吸ってくれる。生地が薄いので洗ってもすぐ乾くのも魅力的。もちろん音質に悪影響はない。

以前GAMEONEで遊んでた時はLサイズを使ってが汗をかなり吸ってくれたのを覚えている。

遊んでる最中の注意点

ヘッドセットのレンズ及び周辺が汗や結露で濡れているのに気づいた時はティッシュペーパー、トイレットペーパー、VIVE用レンズクロス、VRカバー防水タイプに付属してるクロスで掃除をする。

VRカバーはティッシュペーパー、トイレットペーパーを押し当てて水分を取る。

遊び終わった後も同様である。

遊び終わった後の手入れ

  • ヘルメットインナー、ヘッドホンカバー、コントローラーのストラップを外し、先述したクリーニングクロス2種類をネットに入れて洗濯。
  • ヘッドセット、コントローラー表面をウエットティッシュで拭く。
  • デラックスオーディオストラップのパッドを外して乾燥させる。そうしないとデラックスオーディオストラップのネジが錆びてしまうから。
参考写真:ネジが錆びた状態

f:id:hkr-2486:20171224165700j:plain

写真はKURE556を吹き付けカッターナイフで削り軽く錆を落とした後です。 

 

検討中の商品

デラックスオーディオストラップの内部パッドは単品販売が無い為、交換品があればいいなと思った所にこれが出てきた。