実況者ひかりのブログ

KISS:カスタムメイドシリーズ、HTC VIVE、雑記

東京電力従量電灯BからLOOOPでんき(るーぷでんき)へ切り替えたので変化をまとめてみた

当ブログのLOOOPでんきに関する過去記事を1本にまとめる為の記事です。

切替前電力会社と料金プラン

www.tepco.co.jp

切替先電力会社

looop-denki.com

LOOOPでんきへ切り替え後の電気料金

・2017年4月分

122円 5kWh

Windows PC購入前で殆ど電気を使ってなかった時

・2017年5月分

506円 20kWh

Windows PC購入後でガンガンVRや実況プレイをやり始めた時

 

東京電力従量電灯Bより安い。

ちなみに現環境だと東京電力において他の料金プランは全部高くつく。

東京電力従量電灯BとLOOOPでんきの料金比較

請求金額比較1

LOOOPでんき:33kWh(844円) 2017年7月

東京電力:33kWh(804円) 2016年7月

東京電力:33kWh(814円) 2016年6月

 

消費電力量は同じだが東京電力の方が安い。

口座振替割引50円が地味に役立ってるって感じる。

東京電力において同じ電力消費量でも請求金額が違うのは燃料調整費の違いだった。

でんき家計簿を見て確認出来た。 

請求金額比較2

LOOOPでんき:37kWh(945円) 2017年6月

東京電力:37kWh(907円) 2016年5月

東京電力:37kWh(900円) 2016年4月

請求金額比較3

LOOOPでんき:20kwh(506円) 2017年5月

東京電力:22kWh(598円) 2016年11月

東京電力:19kWh(749円) 2016年8月

 

同じ消費電力量がなかったので近似値にて比較実施

東京電力は基本料金分で差が出たかもしれない。

考察

数kwhと少ない消費であれば絶対LOOOPでんきだが消費量が増えた場合は東京電力従量電灯Bのままでも悪くなかったかもしれない。

2017年8月のLOOOP電気料金

42KWhで1,077円でした。

東電との比較は面倒なのでもうやらない。

やる必要もないくらい気にならない金額。

VR実況、動画編集、エアコン、照明で電気くったと思うが思ったより安い。

これなら本当に暑くて辛い時は出し惜しみせずエアコン使って良さそうだ。

2017年11月の電力負荷と料金

現在の電力負荷はPC、照明、エアコン、洗濯機である。

2017年11月は31kWhで793円でした。

この時はエアコンを使わなくなったのでその分安くなったのだろう。

まとめ

基本料金0円、使った分だけ請求と分かりやすいシステムは嬉しい。

クレジットカード払い限定の為、要注意。

電力自由化しているので現在の契約を惰性で維持しているのは勿体無いです。

比較検討だけでもした方がいいですよ。