実況者ひかりのブログ

KISS:カスタムメイドシリーズ、HTC VIVE、雑記

デジゲー博2017感想

f:id:hkr-2486:20171112175834j:plain

 

今年は2フロア使って規模が拡大し、更に熱いイベントとなった。

従来通りの2FとVRゲームを中心とした4Fに分かれた。

 

俺は最初2Fで殆ど4Fにいた。目的がVRゲームだったからだ。

色んなVRゲームに触れて、楽しいと思える作品も見つかって良かった。

来年も行きたいと思える充実した時間を過ごす事が出来た。

 

特に良かった、応援したいと思えたサークル・企業を紹介する。

EXPVR.

タイトル

BE THE HERO

ジャンル

VR忍者アクションゲーム

ウェブサイト

http://expvr.jp/

感想

マンガの主人公の様に気持ちよく動き周りながら、バシバシ斬りまくる爽快感が素晴らしかった。

VIVE慣れしてるだけあって上手くプレイ出来る自信もあり、サークルさんからも褒めて貰えた。

会場で動画投稿許可も得たので発売したらYouTubeに投稿予定です。

 


BE THE HERO : VR Comic Hero Action Game - TGS2017 Debut Trailer

WANDV

タイトル

SEIYA

ジャンル

VRリズムアクション

ウェブサイト

https://wandv.jp/

感想

歌詞が飛んで来る、パンチ出来ないと音楽が再生されない点が新しい発想であった。

鬼畜譜面だと、ろくに曲が再生されないとか残酷だなーと思ったw

今日遊んだ曲は難易度が低かったので無事に曲は堪能出来ました。

曲もオリジナル主体と言う事で楽しみです。

日本うんこ学会

タイトル

うんこれ

ジャンル

腸内環境改善スマホゲーム

ウェブサイト

http://unkore.jp/

感想

遊びながら楽しく健康診断が出来て、課金の代わりに「うんこ報告」でガチャが引けるというシステムに興味が湧いた。

俺が遊ぶには自宅のwifiでネクサス9を使う事になりそうだ。

学会自体非常に真剣に活動しているので少しでも協力出来たらいいなと思えた。

面白法人カヤック VR部会津大分室

タイトル

不明

ジャンル

魔法シューティング

ウェブサイト

http://aizu-vr.hatenablog.com/

感想

VIVEとLeap Motionの組み合わせでどういう風に遊べるかが純粋に興味深かった。

手の形、動かし方で操作出来る点は非常に良かった。

思った通りに操作出来れば気持ち良かったと思うが残念ながら俺は序盤ですぐ敵やられてしまった。

カスタムメイド3D2VRとLeap Motionの組み合わせがどれだけ楽しめるかを考察する為の貴重な体験が出来た。

 

結果Leap Motionは購入見送りとした。

その理由はLeap Motionの感知範囲が思ったより狭く、快適に操作が出来ない。

長時間のプレイは疲れてしまいそうと思ったからだ。

これならValve SteamVR(HTC VIVE)の新しいコントローラ「ナックルズ」に期待した方が良さそうだ。